比較検討のすすめ

任意整理は一般には負債整理というように呼ばれており、おのおのの債権を持つものに返済を継続していくことを前もって決めた借金を整理する手順となります。

 

その流れは司法書士の資格を持つものや弁護士の有資格者債権者と債務者との仲介役として法に従って利息の適用し直しを実行して一から計算した借金の元金にかかってくる借入金利を下げることによって36か月程度の期日をめどに返済をしていく債務整理の計画です。

 

この手順を踏む場合は各裁判所といった公的な機関が口出しすることはないので他の手順と比較して手続きした際における不利な点が最も少なく、過程自体もそれほど頭の痛い問題になることはないため、メインとして比較検討するようお勧めしたいやり方ということになります。

ヘビーな茶飲み話

また、債権を持つものがヤミ金といったとても高い利息の際には利息制限法で決まっている利子に追加して払った借入金利にあたっては借入元金に適用できると考え借金の元金を減らすこともできてしまいます。

 

ということから、ヤミ金みたいな高額な借入金利のところに対しある程度長い期間返済している例では予想以上の金利分を減らせる場合もあり、10年以上続けて返している例では元金自体がクリアーになることもないとは言えません。

 

借金の整理の良い点については破産手続きと異なり一部のお金だけを整理することが可能なため、他に保証人がいる借金を除いて処理していく際やクルマのローン以外だけを処理する際などにおいてでも検討することも可能になりますし築き上げてきた財産を手放してしまう必要がないため、自動車やマンションなどの自分の資産を持っているものの、放棄してしまいたくない場合などでも活用できる債務整理の方法です。

 

いっぽうで、これからの返済金額と実際に可能な可処分所得を検討し、だいたい返済の目処が立てられる場合においてはこの方法で手続きを進めていくことが可能ですが破産宣告と違い返済義務そのものがクリアーになるということではありませんので総額が巨額な場合においては、実際に任意整理で手続きを実行するのは困難であると判断することになるでしょう。