勝率50%

外為取引の経験の浅い方がFXの大切なところを探し出すためにはまず初めに注文を積み上げる事が大切です。

 

未然に危機を避けれるようにするには、へまを重ねる事も体験のひとつです。

 

負けたといってもやり直しが効かないほど重大なミスをする事は話になりません。

 

やり直しが効く間違いを数度積み重ねることが、最終的にあなたの場数を増やす事が出来ます。

 

これを考えると、最初はわずかな額でトレードを行ない、そこで何度か簡単な間違いをすることをおすすめします。

 

たとえば、100万円しか投資する余裕が無い方が最初から100万円を全額投じてトレードすると失敗した時、二度と再起できなくなってしまうリスクがあります。

 

それよりも、ひとつの例として10%ずつ取引してそれで買ったり負けたりを体験した方が、段々とマイナスを減らす術なども身についていくはずである。

 

まず少額資金でトレードする事の長所は、自分の実戦を増やし、損をコントロールする技術を学習していく事にありますがそれと一緒に、売買の回数を増やす事で、リスクを削減する事ができるという価値もあります。

 

想定として、1度の注文で勝てる確率が5割だとします。

http://maruta.be/qxvfck

すなわち、等しい確率で損が生じる危険性もあるということになります。

 

勝率50%ということは半々の可能性で利益が上げられる事を示しています。

 

ですが、全財産を賭けてただ1回の取引をするということは、勝つか、負けるかのどちらかだけになってしまいます。

 

そのままではたんに賭博と同じです。

 

それは全ての投資資金を投資して1回こっきりの取引をしないとこれだけでは負ける率が高まってしまうのである。

 

これを回避するために、資金を全額使うのではなく少額ずつ分けて、投資回数を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。